twitterで割り切りで援助交際する危険性とは?注意点

近年多くの方がSNSとしてtwitterなどを利用しております。

 

特にtwitterは当初、自分の趣味や日々の出来事を共有してもらう日記的な役割を果たしておりました。
しかし、その状況は進化し続け、いつの間にか出会いの場としても利用されるようになったのです。

 

その理由はtwitter自体が個々でのやり取りが可能となっており、
ある程度親しくなると個々にやり取りを始める方が多くなってきたためです。

 

その結果、出会いを求めるためのツールとしても使用されるようになり、
男女がtwitterを利用して出会いを探しているのです。そしてその出会いはさらに進化し、
今では割り切りの援助交際なども行われております。

 

このtwitterを利用した割り切り援助交際には落とし穴があり、
多くの男性がその落とし穴にはまってしまいプライベートを台無しにしているのです。

 

Twitterを利用した援助交際の危険性には下記のようなものがあります。

 

・twitterを利用した場合、自分の素性を隠すことができない

 

・twitterを利用することで情報が拡散しやすい

 

・相手の女性が未成年者であるか否かが不明であり、法に触れるおそれがある

 

・特定の彼女、奥さんなどがいる場合、ばれてしまう危険性がある

 

このようにtwitterを利用することで上記のような危険性があります。
Twitterでは自分の素性をさらしているのが前提となります。

 

そのためtwitterで出会った女性にも自分のことをさらけ出すこととなり、
仮に相手の女性が悪い女性であった場合脅されたりするなどの危険性があります。

 

もちろん割り切りの援助交際なのでお互い割り切っての関係を持てるはずなのですが、
中には男性をだまそうとしている女性もおります。

 

そういった女性に引っかかってしまうと大変なことになってしまいます。

 

また、twitterでは情報が拡散しやすいためちょっとしたことでも第三者に広まってしまう危険性があります。
仮に誤って割り切りの援助交際の相手とのやり取りが第三者の目に触れてしまった場合、
その情報は一気に広がっていきます。

 

それを防ぐためにもできる限り自分の情報が載っているtwitterでの割り切り援助交際は避けるべきと考えます。
そして、相手の女性が未成年者か否かは正直不明の場合があります。

 

そのため、twitter上では年齢を偽って割り切りの援助交際を求めてくる女性もいることから、
法に触れてしまう危険性もあるのです。

 

そして何よりもtwitterは個人情報の塊であるため、
情報が漏れてしまうと付き合っている相手の方などにばれてしまう危険性があります。

 

このようにtwitterでの割り切り援助交際は非常にリスクを伴っております。
割り切り援助交際を楽しみたい場合は自分の素性がばれていない出会い系サイトなどを利用することがベストと言えます。

 

・TOPランキングへ戻る >>割り切りサイト調査【掲示板等の口コミでランキング作成】※暴露